ブログ

2015年5月

1

とある昼下がり。


「式場は決めたんですが、ちょっとご相談が…。」との予約のお電話が。


けっこう多いんですよね、このパターン。
本当に決めちゃっていいのか、二人以外の誰かに背中を押してほしい
なって感じなのかな?


ご来店なさったのは、奥様お一人。
もうご入籍はお済で、名実ともに お・く・さ・ま 
30代後半と40代前半の大人なご夫婦。


どちらも、ご実家が長野県外 プラス ご本人達もつい最近転勤で
長野市にいらしたばかりでした。


長野県の超有名地のホテルに仮予約を入れたけど、見学したもう1件の
会場さんの見積もりと比べてみたいとの事。


まあ高いのは覚悟の上、あとどの位上がりそうかが気になるそうです。
なんせ、ご招待客のほとんどがお泊りになるし、宿泊代はもちろん、
交通費まで全額自分たちで出すつもりとおっしゃる太っ腹ぶり!!


でもねぇ、ぴよ丸が思うに、かの有名地はほぼ東京。
有名ではあっても、長野らしい土地という点では・・・??


それに、お二人が現在住んでいらっしゃるのは長野市。
離れて暮らしているわが子が住んでいる町って、親は見ておきたいもの
なんですよね。


見ておけば、何となく安心なの。


それやこれやで、

「長野といえば善光寺です。百聞は一見にしかず。長野市の会場も
見てみませんか?」


とご提案してみました。


おりしも挙式日は紅葉の頃。
翌日は蕎麦でもふるまいながら戸隠あたりを皆さんに見ていただき、
長野という、風光明媚なすてきな土地を、満喫して帰って貰えばいかが
でしょうかと。


ありがたいことに奥様は決断力があるタイプ。


「見ます!」

ということで、ぴよ丸ご紹介の会場さんへ旦那様とご見学にいらっしゃいました。


見学後、

「どんな印象でしたか?」
とお電話を入れると、
「迷ってます。」

行くまでは、内心10対0で仮予約なさった会場さんになるだろうなぁ
と思っていたそうですが、行ってみたら想定外の素敵さで ズキュン 
と撃ち抜かれたそう。


うーん、ぴよ丸も想定外。でも嬉しいぞ!!


善光寺挙式プランでお勧めしたのですが、他には無い特別感が
良かったらしい。


でも、いろいろ考えてみてから決めますとのことで、現在待ち状態。
今週末にはお答えを出してくださるでしょう (^^)


さて どんな結末になるか・・・ぴよも ドキドキ です。
また ご報告しま~す ♪







昨日は久しぶりのまとまった雨。
農家の方々や草木は 甘露をたっぷりと楽しんだのでは?


図書館はちらほらお客様がお見えになる程度の平和な午後。
入口に立つ見覚えのあるお二人。

お出迎えに立つと、つい先日挙式を終えられたT君とNさんでした。


3月にアップした≪思い切ったチェンジの巻≫の主人公のカップル。
式場様をギリギリに変更し、あれこれ乗り越えての当日だったので、
ぴよ丸も

        「無事おわったかなぁ?」


と、気になっていたのです。


T君は県外で働いていらっしゃるので、式翌日には二人でその町へ
行き、1週間ぶりの帰省という事でした。


ていねいなお礼の言葉と、ご当地のお土産まで頂き、本当に嬉しかったです!!図書館一同感謝です。


式当日の写メも見せていただいて、かわいくて、幸せそうで、ウルッときてしまった。


ブライダル雑誌でモデルさんがにっこり微笑んでいる写真とは、
伝わってくるものが違うと思ったわぁ。


         雑誌からはきれいな風景が
         本当の結婚式の写真からは幸せが



ぴよ丸にはそう感じられました。


これから式場さんにもお礼にいらっしゃるとのこと。


律儀で優しいお二人の前途は 幸せと決定!!ですね (^^)v


             では また次回 
     素敵な もしくは 変てこりんなご報告をしま~す 



            

 連日28℃だ30℃だ、そのうえ台風6号だ7号だって やんやの騒ぎ!


           これって    ですよね?


 暑さにはめちゃ強い夏っ子のぴよ丸も、5月からこれじゃあ参っちゃうヨン。
皆様 体調にはくれぐれも気を付けてくださいませ。


 まぁ何だな、地球が怒ってるってことだな・・・たぶん。


 そんな人類の現状に警鐘を鳴らすかのようなお仕事のお二人をご紹介しちゃおう ♪


 以前図書館利用で会場様をご決定のNさんご夫妻からのご紹介。
ありがたいことに、このご紹介というパターンが図書館はとっても多いのです。本当に嬉しいです!!


 首都圏に在住の新郎Mさんと長野市在住のKさん。
見るからに爽やかなカップルなんだけど、Kさんがすご~く美人さんのうえに、
常にニコニコしていて 本当に感じがいいの!!


笑顔がわざとらしくないというか、芸能人さんやいわゆるプロと呼ばれる
人とは全く違う自然な笑顔。  なんとなく分かります?


 Mさんが都会生まれ都会育ちにもかかわらず、結婚後は長野市にIターンして
Kさん一家と一緒に就農すると聞いて、ぴよはちょっとびっくり!

でも、まずは、Kさんが農業をなさっているということに驚いたんだけどね。


 Kさんも都会で働いていて、そこで知り合ってお付き合いが始まったそう。
もともとKさんのご実家のご両親が 有機農業をなさっていて、何年か都会の
生活を経験した後、思うところがあったんだろうなぁ・・・KさんがUターン。


 それを追う形で Mさんも今回Iターンを決意。


 ぴよ丸が思うに、Mさんだってすご~く悩んだんだろうけど、結局Kさんの
可愛らしさには勝てなかったという事でしょうな (^^)v


 そんなお二人は、長野市らしい、そして自分達らしい結婚式をご希望。


 披露宴を会場さんでやらずに、自分達の畑で、自家製の野菜でのお料理で
お・も・て・な・ししたいと。
 雨対策もしっかり考えられていて、協力者もいらっしゃる。


 ふんふん、ならば挙式は善光寺さんか戸隠神社はどうですかい?


 ぴよの提案に、お二人は 善光寺さんがいいとのことだったのですが、
折悪しく 御開帳真っ最中じゃありませんか!
 一応聞いてみようかと大本願に電話をかけてみると・・・

もう、ハアハアした感じで担当の方が出てくださり、

           「下見?御開帳の後にしてください。」


んん、もっともだ。


 お二人も、「そうですよね。」と、苦笑していらっしゃいました。


 御開帳後の6月に善光寺さんは見ることにして、それまでにパーティーの
内容を詰めてみますとおっしゃっていました。


 ドレスの話になり、ぴよが

「美人さんだから何着てもお似合いでしょうね。」

と言うと、


「そんなこと無いです。」

と照れるKさんの横で、うんうんと頷いているMさんが微笑ましかったねぇ。


 割と体が大きいMさん。
きゃしゃなKさんを 後ろから黙って見守ってる感がいいですなぁ ♪♪


 有機栽培の野菜は 美味しそうだし、爽やかな風が吹き通る丘の上の
畑は気持ちよさそうだし、


「私もおよばれしたいくらいです!」


と言ったら、


「ぜひどうぞ!!」
と声をそろえたお二人。


 たとえ社交辞令でも ぴよは嬉しい!
でも、Mさん・Kさんは きっと本音で言ってくださってるんだろうなあと
思えるカップルなのでした。


 洗いざらしの、木綿のチェックのカーテンがかかっているお家が似合いそう
なMさんとKさん。


 今からガーデンパーティーの様子が目に浮かぶぴよでした。


           ではではまた次回  (^^)/










巷では 何やらゴールデンウイークと騒いでおりました。


ここ 長野市は 7年に1度の 善光寺御開帳とあって
そりゃもう 大賑わい!!

ぴよも行きましたよ、ええ。
早朝 5時からの御開帳をめざし、4時30分には自宅を出発。

でも、そんなの甘かった!

かなり肌寒い日だったにもかかわらず、本堂は人・人・人。
ぴよの隣に立ったおじさんは、みかけは日本人なのに
口を開けば何語なのかさっぱり分からない言葉でペーラペラ。

「いやぁ、国際的だなぁ。」
何ぞと思いながら、色々な国々の老若男女とご拝観。

帰り際に、アメリカ人御一行様が、朝のお勤めを終えて坊に帰る
僧侶数人を、無理やり集合写真に引っ張りこんでいるところを
目撃。

          さすが 彼の国の人!

結局4人も取り込んで、
「アーリガトゴザーマース!」
とニコニコしてました。対照的に、お坊さん4人はむっつりしたままカメラを
見据え、その対比が面白かったです。


6日を過ぎたら あの混雑もさすがに落ち着き、日常を思い出したのか
代わりに図書館はお下見希望のお客様で大混雑!

ありがたいことです、ホント ♪♪


そんな日曜日にご来店なさったお若いお二人。
なんと あの豪雪地帯 津南町からお出ででした。



もともと新婦のMさんは長野市がご実家。お嫁に行かれたので、本来なら
津南町での結婚式なのでしょうが、Mちゃんのお友達がすごく多いし、
長野市のほうがやや都会なので、会場の数が多いということでの御選択。



米どころ中魚沼郡の方だからか、新郎様T君はお肌ピカピカ ☆☆
んもー、羨ましいったら。

もっとも、Mちゃんも若いお嫁ちゃんなので、負けないくらいピカピカなんだけどね。

明るいお二人なので、何をお話ししてもノリが良く、


            あっという間に日取りが決まり、
            あっ あっという間に会場様をピックアップし
という感じで、進行が速い。


お話の中で、成人式に作ってもらった振袖を着たいというご希望も伺って、


            親御さんも喜んで下さるだろうなぁ


と、ぴよも嬉しくなっちゃいました。


「今日は図書館での相談のためだけに来ました。」
そう初めにおっしゃっていた通り、お話が済むと、
「まっすぐ帰ります。」
にっこり笑ってさっさとお帰りになりました (^^)


きっと会場様も 速攻ご決定になりそうですね。

若いって、それだけでまぶしい!
2月に入籍はすませていらっしゃるのでもうご夫婦なのですが、新婚さん
なので、本当に本当に楽しそう。

それがまた嫌味なく、ものすごくいい感じなんですよねぇ・・・



道順としては、高速で飯山まで行き、その後は下道だそうです。
ご実家が長野とはいうものの、越境してまで図書館を頼って下さったかと
思うと、図書館も広域になったもんだと、ちょいと感慨深い出来事ではありました。


皆さんの幸せのために がんばるぞおおおぉぉ!!

        
 では また 次回。    See You ・・・・・・。

1
  • ドレス
  • カラードレス
  • 和装
  • メンズ衣裳
  • 華裳で衣裳選び
  • フォトウェディング

  • 会場一覧

wedding-blog

営業日カレンダー

リンク