ブログ

2015年11月

1

昨日はびっくりしましたね!

朝は結構な青空だったのに、昼前からみぞれ、
そして雪へと駆け足で変わって行きました。
うちのスタッフ達も、まあまあ山の方から通って
いるので、
「帰れない。」だの「いや、帰れる。」だの大騒ぎ。

平地では初雪だし、水っぽいし、溶けちゃうわと
思いながらも心配でした。
結局溶けたんですけどね。

みなさんは大丈夫でしたか?


今回はお二人とも県外がご実家の新郎Tさんと新婦Mさん。


Tさんは全国版転勤族で現在長野市勤務。
Mさんは関東圏勤務・在住。いわゆる遠距離です。
挙式候補地も長野市か東京か。

それだけならよくある話なのですが、Tさんは3月から
埼玉勤務が決定なさっていて、Bye-by長野予備軍。
しかも、結婚式の希望日は6月以降、10月ベスト。
転勤前に挙式を決行するのは?との問いに、
「3月までに済ませるのは無理です。」とのこと。


またさらに、「善光寺での挙式」にビビッときていると
おっしゃる。wao❕


何が問題かと申しますと、
転勤後に、長野市で6~10月の結婚式になると、
打ち合わせにさえ時間と交通費がかかる

これですよ。


だいたい半年前から打ち合わせやドレス選びが始まるのですが、
車でも新幹線でもただじゃない。
日本国が結婚式打ち合わせパスでも作ってくれれば、多少は
少子化に歯止めがかかるかもしれないけど、現状ではそんな物は
ありません。
どこぞの元議員さんのように、領収書で落とせるわけじゃ無い。


大富豪ならいざ知らず、庶民は限りある資金を
遣り繰りするんですもん。
少しでも節約したいですよね。


でも、関東圏に善光寺は存在しない。(関連寺はありますが)
これも動かせない事実。


ここがお悩みポイント!


しかも、図書館で「この方がいいよ。」とは言えない部分。
なんせお金の問題ですからね。


事前に1か所会場様をご見学して、新郎Tさんおひとりで
見積もりの見直しにいらしたんですが、1時間ほどで
見積もりのご相談は終わり、後はいろいろな雑談で
盛り上がり、結局4時間位いらっしゃいました。


話題も多岐に渡り、なかなか引き出しの多い方だなと、ぴよ丸も
感心しきり。
どうも秀才っぽい (^^)


優秀そうな方なのに、いつも新婦Mさんに
「またどーでもいい髪型にして!」
と叱られているらしい。ほほ、叱りますわな、そのカット
(あ、変じゃないんですよ。ザ・普通)
でも、それがまたTさんの持ち味にマッチしていて、ほんわかしちゃいます。



仕事帰りにいらっしゃったので、お腹が空いて早く帰りたいだろうなと、
ほどほどのところで
「じゃあ・・」
そう言ってぴよ丸が立ち上がってもTさんは座ったままお話を続けて
いらして、何となーくぴよも座りなおしたりして。


30分学生時代の話→5分結婚式の話→30分ご実家の話→3分結婚式の話
こんなペースを繰り返し、
「こだわりたいのは、やっぱり善光寺です。」
と、最後におっしゃいました。


ご自分の中で整理していらしたのね。


長野県人としては嬉しーぞ‼

クリアしなければいけない問題は、どんなお二人にも必ずあります。
どうしていいかわからなくなったら、原点に戻ってみて下さい。

「1番優先したいポイントは何か」

これです。
それが揺るがなければ、あとの条件は何とかなっていくものです。

お二人で悩んでいるだけでなく、周りの方々にも相談してみて下さいね。
特に身内ってバカにしたもんじゃないですよ。
経験に裏打ちされたナイスプランが飛び出すことも多いんです。

一番お二人のことを考えていらっしゃいますしね‼


手品ならハトや国旗が出て終わりだけど、身内の意見は
「問題解決」というご褒美付きなんですから!
もちろん図書館も精一杯お手伝いさせて頂きます。

12月に東京方面のご見学をなさって、それから詰めていかれるそうです。
どこに決まるにしても、お二人にとって気持ちのいい、満足のいく
会場様に出会えることを祈ってます。


では また次回!

 

雨です・・雨です・・雨です(ひろし風に・・古っ!)


秋は一雨ごとに寒くなると言いますが、どうも気温は
高めですな。
ここんとこ、あっさりした格好で歩き回っております。


長期予報は「暖冬」
本当なら灯油代が助かるわ

今回は、長野とは比べ物にならないくらい灯油を消費するであろう
地区からお越しのカップル。
ぴよが「あら、美っ人!!」と思った新婦Mさんと、これまたなかなか
イケ面の新郎K君。


もう入籍はなさっていて、みるからに幸せそう ♪


お話を聞いていくと、K君にはとくに希望の会場も無く、Mさんに
お任せとの事。
Mさんは、そんな旦那様にちょっぴりご不満。
「私一人の結婚式じゃないのに。」
うーん、そうね、そうなんだけどね。


こんなお二人は結構いらっしゃって、というか8割がたはこんな感じで、
男性と女性の違いということに尽きるんですよね。
奥様のことはとっても大事に思っているんだけど、それを表すのは
「結婚式」じゃあないんです。

じゃあどこ?

多分、そのポイントは人それぞれだけど、
「頑張って養ってくぞ!」(共働きでもね)
という覚悟と行動・・・なのかな?


だからMさんだけじゃなく世の新婦さん、
「相談しても真剣じゃない。」
「何を聞いても好きにしていいよと言われる。」
「準備を手伝ってくれない。」
この辺の不満が多いと思いますが、それはあなたの彼だけじゃない
です!、ほんっとに!

できれば大きな心で許してあげると、準備のストレスが減るかも。
あくまでも自分のために。


そんなお話をしながらも、ぴよ丸が気になっていることが。
それはK君の黒Tシャツとゴールドのペンダント。


バイクか車がお好きそうだなぁと思い、お話が一段落したところで
聞いてみました。
すると、
「はい、特にアメ車が。」

やっぱり? そういう雰囲気ですよね。

スタングとか?」とぴよ丸が言うとMさんがすかさず、
スタングだよね。」と茶化します。


なるほど。
そこ譲れない。よろしく!(永ちゃん風)


「何に乗ってるの?」
「フィットです。」
ん?フィット?


K君   「うちの方は雪が多いから。」
ぴよ丸 「そうか。アメ車はFRだもんね?」
K君   「いや。ていうか大きい車を道端に停めておくと除雪して貰えない
      から。」

ほーお、なるほど。
いろいろあるのね。


心にはどでかいアメ車を思い描きつつ、小回りのきくフィットを乗り回す日々。
「現実ってやつです。」
とK君。
何だか可愛らしいと感じてしまうのは私だけ?
ぴよ丸に財力があれば、車庫を建ててあげるのに!


お客様の中には、結婚式当日に愛車や愛バイクを会場に飾る方も。
お友達も同じようなご趣味だと、何台も連ねたりして。
ご自分たちの大事にしている物を皆さんにお見せする。
もうひとつの「披露」ですね。


お二人のバックグラウンドを知って頂くには、とてもいい選択だと思います。



せっかくだからと、帰りがけに1社、お食事つきでご見学をセッティングしたのですが、
「食事食べれるかな?」
とK君がおっしゃるので、
「えっ。どうしてですか?」
と伺うと、
「これから昼飯食べるんです。」


いやいや、食べずに行ってくださいよって事じゃん?

「だめです。つけ麺って決めてんです。」


すごくお好きなつけ麺屋さんがあって、たまに長野市に来たときは
必ず寄りたいのだそう。
「昨日から楽しみにしてたんです。」


とても食べるなとは言えないなぁ。



「じゃあ、お食事はいらないと伝えます。」
「いや、せっかくなんで食べたいです。」



ぴよ丸を笑わせようってか? (^^)



「昼はつけ麺を食べて、早く帰って夜はおいしいうちのご飯を食べます。」
はい、ごちそう様!

と思ったら、おいいしいうちのご飯を作るのはMさんのママだそうです。
「私は助手です。」
とMさん。
いい関係ですね


K君は年上の人に可愛がられるだろうなってタイプなのです。


その後も、
「見学って途中で帰ったらダメなんですか?おれ、長野市みたいに
ゴミゴミした所苦手なんですよね。」
はい、そのゴミゴミにぴよ丸は住んでまっせ。

というような笑える会話を振りまいて、なおかつ嫌味のないパーソナリティー
がさわやかでした。
できる!!



連休中もご見学に動いて下さるお二人。


新蕎麦も紅葉もいいけれど、希望の日程で式場様を予約するためには
努力も必要。
図書館を通してご予約してこそ、いろんなお得がもれなく付いてくるのさ。


皆さん、順番をまちがえて損しないように!


結婚を考えたらまずはブライダル図書館にいらしてくださいね。
会場様へのご予約もお任せください。
今週末の予約もまだ大丈夫!!

お待ちしております♥♥

















ジンクス

2015.11.16 (月) 16:21

先週末は少し肌寒い週末になりましたね…
先日あるブログでこんな記事を見つけました。


できれば結婚式当日は晴れてほしい!と思う人が大半ですよね。
ですが、雨の日の結婚式は意外と幸せになれるという
ジンクスが多いんです!


ヨーロッパの言い伝えで、
「Mariage pluvieux mariage heureux」
(マリアアージュ ブリュヴィウー マリアージュ ウルー)


という言葉があります。
和訳すると「雨の日の結婚式は幸福をもたらす」という意味だそうです。
新郎新婦が流す一生分の涙を神様が流してくれるという
ロマンティックな言い伝えです。
また、天上界から神様が天使を雨粒にして降り注がせてくれるという
考えもあるようですから、雨が降れば降るほど
祝福されていると考えてもいいかもしれませんね♪


余談ですが歌舞伎公演でも雨は縁起物で、
雨が降る=人が降るように入ってくるということだそうです。
日本でも「恵みの雨」や「雨降って地固まる」という言葉がありますから
そういったポジティブな思いで結婚式を挙げたいですね。
結婚式は多くのカップルが1年~半年前に日にちを
決めるためお天気は運次第。
雨の予報だとちょっぴり悲しくなってしまう人もいるかもしれません。
ですが雨の日=テンション下がるではなく、
雨の日=特別な演出のできる日と気持ちを切り替えれば
きっと素敵な結婚式になれるはずです。
どんな日であっても、2人が祝福されることには変わりない、
最高の1日になりますように…。


という記事でした。


結婚式にまつわるジンクスはたくさんあります。
それを信じるも信じないもあなた次第ですが、


最後の一文
『どんな日であっても、2人が祝福されることには変わりない』
どんなジンクスにも勝る最強の一言です!


今週末は3連休&良い夫婦の日☆
沢山のカップルが結婚式を挙げる事でしょう☆
きっと最高の1日が待ってますよ(^^)


そして、駅前店ではこの3連休、来店プレゼントをご用意して


皆様のお越しをお待ちしております!


プレゼントは女性に嬉しい“アレ”です♪

151114_1.jpg


151114_5.jpg


151114_2.jpg


151114_3.jpg


151114_4.jpg

ホテル国際21
~2015年11月限定の特別企画!!~ ハワイ旅行プレゼント!!

秋も深まり朝、夜はだいぶ寒くなってきましたが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

...

「ホテル国際21&ファイブシーズンの合同企画」

2015年11月中に結婚式をお申込みのカップル限定!
”ハワイ旅行3泊5日プレゼント!!!”

11月30日までに70名様以上の披露宴をお申込みのカップル全員にハワイ旅行をプレゼントいたします。 (航空券、現地ホテル宿泊が含まれています。)

更に・・・
11月30日までに
「ホテル国際21」または、「ファイブシーズン中野」のどちらかの結婚式場の見学にお越しいただいたカップル全員に素敵なプレゼントを用意させていただきました。

抽選会にご参加いただき、なんと!!

1等「ホテル国際21高層階スイートルームご宿泊」

2等「ホテル国際21最上階レストラン鉄板焼「さくら」のディナー券」

3等「ホテル国際21内で利用できるギフトチケット3,000円分」
プレゼントいたします。

会場の見学にお越しいただけば1等、2等、3等のいずれかがもらえる大キャンペーンです。

ぜひこれから結婚式をお考えの大勢の方に会場を見ていただきたいと思い、
2015年11月限定ではありますが企画させていただきました。

とってもお得な11月となっております。皆さまのご来館心よりお待ちしております。





ブライダル図書館からの紹介で割引や特典あり。
詳しくはお問い合わせくださいませ。

お申し込みお問い合わせは下記まで


---------------------------
長野県のブライダル情報発信基地@長野ウェディングドットコム
http://www.nagano-wedding.com/
業務内容:貸衣装・ドレス・和装、会場紹介、ブライダルプロデュース、ブライダルギフト・グッズ販売
---------------------------
株式会社華裳
長野県長野市川中島町御厨937-1
℡ 026-286-3993 Fax 026-286-4993
hanasho1@janis.or.jp
Virtue
http://www.hanasho.org/
アヴァンゲール
http://www.dia.janis.or.jp/~hanasho2/

 

前回、マイカーの冬用タイヤで悩んでいると書きましたが、
結局B社に決めました!


やっぱり安全はお値段に変えられないとの周りの意見に
従うことに。
ぴよ丸の素晴らしい運転技術(?)を補ってくれるだろうとの
期待も込めて〇万円投資いたします…い、痛い。


長野県の冬と言えば、一部地域を除けばやっぱり雪が
つきもの。
ほどほどの量の地域から豪雪地帯までバラエティーに
富んでいますよね。
ウエディングのメッカ(変な言い回しですが)軽井沢。
ここは、そんなに多く降るわけではないけれど、降らない
わけでもない。


でも、寒さは半端ない!
底冷えがして、「しばれるぅ~っ!」って感じ。


だから、冬はさすがに結婚式も減ります。
図書館にいらっしゃる軽井沢挙式ご希望の方々も、
「初夏がいいです。」
「9月ごろがいいです。」
という方がほとんど。


そんなぴよ丸の常識を覆すお二人がいらっしゃいました。


もともと新郎さんのお仕事の関係で2月挙式がご希望の
TさんとAさん。
長野市内で数社ご見学の後、一応軽井沢も見たいとのことで
お出かけになりました。


複数ご見学なさった結果、ホテル軽井沢E様を、とても
気に入って下さいました。
お見積もりのご相談に図書館に再来店して頂いたときに、
「2月で軽井沢というのは大丈夫ですか?」
とお伺いしたところ、
「冬だからとても素敵だとおもいました。」
とのお答え。


! ! !  ほんとに?

そのホテル様は、軽井沢の北口を出て、歩いても行ける場所に
あります。
道のすぐ側なので、一瞬
「えっ、ここ?」
と思うのですが、右に折れてメイン会場とチャペル、ホテル館の
方へ1歩足を踏み入れると・・・・。


そこはまさにTHE KARUIZAWA

「シーン」と効果音が入るくらいの静謐な空気。
こじんまりとしていながらシックな建物が、まさに往年の軽井沢らしさ
を醸し出して、雑味が無いのです。


メイン会場には中庭に出られるテラスがついていて、早めに到着
なさったゲスト様が、披露宴前にちょっと一息つけるのがありがたい。


今まで、軽井沢は春から初秋という既成概念があったので思い至らなかった
のですが、ほんわりと雪が積もった中庭に、暖色系のランタンなどで
飾り付けたら、かなりいい雰囲気ですよね・・・確かに。


雪化粧という言葉もあるくらいですから、何もかも白1色に染まった景色は、
まさにウエディングそのもの!
教会までの短い距離の小道がまた素敵なんです。


「とにかく冬だからこそ軽井沢らしいと思いました

新婦様のその言葉に、一瞬で上記の光景が目に浮かびましたもん。


外の寒さが、会場の温かさを際立たせるような相乗効果も期待できますね。
とにかく、今までの「冬の軽井沢」のイメージが変わっちゃった一言でした。


クリスマスに絡めるのも面白いかもしれませんね?



こんな風に、お客様のお言葉からいろいろ学ばせて頂けて感謝です。
固くなった頭をちょいとストレッチしてほぐしてみると、マイナスがプラスに
変わることも多々。


会場様をお探しの皆さん!
お二人のこだわりも大切ですが、視点を変えてみることも大事かも。
意外なベストアンサーが見つかるかも知れませんよ ★★



TさんAさんは、多分そのまま冬の軽井沢挙式に踏み切りそうです。
その結婚式に、ちょっと参加してみたい気がするぴよ丸でした。


ではではまたね♪  Bye-bye

駅前NEWS 第7弾

2015.11.08 (日) 14:18

先日から東急の前にクリスマスツリーが登場しました☆
 

正直な感想としては…
 

早くない??
 

でも意識して見ると、色んなところで『クリスマス』の文字が出始めてます。


スタバ片手にお店の前を通る方がたくさんいらっしゃいますが、
そのスタバのカップも赤=クリスマスカラー!

1年ってこんなに早く過ぎるもんだっけ?
 

年々スピードを増しているのは気のせいかしら。
 

そして、クリスマスといえばジュエリー☆
 

婚約といえばエンゲージリング!
 

結婚といえばマリッジリング!
 

今回はジュエリー東京 長野店
チーフジュエリーアドバイザーの岡村さんに
人気のリングを教えてもらいました(^^)
 

ジュエリー東京さんでは豊富な経験と知識から、
幅広いご提案でお二人の夢や希望を叶えています。
 

日本ジュエリー協会認定のジュエリーコーディネーターさんも常駐されてるとの事☆
 

一生物のリングだからこそ、自分に本当に似合うリングをアドバイスしてもらいたいですよね。
 

『ジュエリーコーディネーター』なんて聞いただけで安心しちゃいますね!
 

駅前店からとっても近いので、場所はご案内します☆
 

是非お出掛け下さい(^^)


no7.ジュエリー東京.jpg

寒くなりましたねぇ・・
ぴよ丸は、今年スタッドレスタイヤを買わなければ
いけないのです。

ベストと言われているB社にするか、2番手3番手で
手を打つか・・・うーん、悩みます!!


そんな話題が多くなる11月、ちょっと不思議な出来事が。


初ご来店後に、何となく足が遠のくお客様っていらっしゃいますよね?
こちらでは理由が分からないけれど、たぶん色々な事情で
保留になったり、単純に自分たちで動かれたり。


そんなお客様には、時々お手紙をお出ししたり、メールを
送らせて頂いたりするのですが、何ヶ月も経った頃に
再度ご来店になる方々も結構いらっしゃるのです。

これがまた嬉しい!!

最近、続けざまにお2組、そんなカップルがいらっしゃって、
ぴよのテンションはMax♥


お二人のお名前でご接客カードをご用意しているのですが、
前回のお日にち分からえいやっと抜き出し、今回のお話の
内容を記入していたら、あーらなんてこと!
お2組とも初ご来店が今年の2月22日だったのです。


無理やりこじつければ「ふ・ふ・ふ」の日。
えーえ、微笑みましたよ、「ふ・ふ・ふ」と。


だってね、フェードアウトして大分経ってからまた顔を出すのって
何となく勇気がいりませんか?
少なくともぴよはそうなんです。

だから、ちょっと頑張っても図書館に行った方がいいと思って
下さったんだろうなと思うと、図書館冥利に尽きるってもんでしょ?


もしくは、図書館ならそんなの気にしないだろうと思ってくださったか。


どちらにしても、何か弾んでしまう出来事なのですよ 


お1組は新郎様が結婚式にこだわっていらっしゃらないので、新婦
様が様子を見ながら、ゆっくりとご見学なさりたいというお二人。
もう1組は、初来店後にご入籍をなさって落ち着いたので、ようやく
結婚式に進めるというお二人。


そうかぁ、本当に様々ないきさつがおありなんですね(^^)

でも、結婚式に向けてのご相談ということは、お2組とも間違いなく
幸せに向かっていらっしゃるという証拠ですもん。
そこも嬉しさの要因です。


しっかりとご案内・ご相談をさせていただいて、お2組の人生の
1ページに「自分達らしい結婚式」という歴史を刻んで頂きたいな
と思います。


考えてみれば、2月22日ってご来館が多かった日なんですよ。
もしかしたら、もう1組くらいこんなお客様がいらっしゃるかも。
そうなったら楽しすぎる!!

ちょっと期待しちゃおうかな・・・(^o^)
そうなったら、またご報告いたします。

では また次回。


1
  • ドレス
  • カラードレス
  • 和装
  • メンズ衣裳
  • 華裳で衣裳選び
  • フォトウェディング

  • 会場一覧

wedding-blog

営業日カレンダー

リンク