ブログ

ぴよ丸の「今日のご相談」②

2017.06.05 (月) 14:47

こんにちは!

爽やかな5月が終わり梅雨も真近な6月です。

今年は何だか寒くないですか?
昨日の夜、ぴよ丸はストーブを点けちゃいました(*´∀`*)

店長の中村は、なんと4㌔も体重が減ったんですよ❕
う・うらやましい・・・違うか。

原因は分かっているそうなので、むやみに心配はしないことにしました。
皆様も体調管理には気を付けて下さいね。

さて、今回のご相談は、
「ご両家のご招待人数の差」

新郎家 10人ほど
新婦家 40人ほど
計、50人の結婚披露宴になりそうなお二人。

ごく普通に「嫁取り」婚です。
新郎様の家に新婦様がお嫁入するわけですね。

こんなに差があってはいけないのではないかと心配なさっていました。

ひと昔前であれば、ご両家同数程度がベスト。差があったとしても、迎え入れる
方のお客様が多くなるようにと言われていました。

今でも基本的にはこの路線が無難なことは間違いはないでしょう。

でも、結婚に対する考え方も大きく変わりました。
家と家の結びつきという意味合いから、1人の男性と1人の女性の個人重視の
結びつきになりましたよね?

それに伴い、ご招待客の人数もご両家それぞれのご事情によって、自由に
お招びすればOKとなってきています。
合理的でもありますしね。

ただ、一つだけ気を付けて欲しいのは、
「ご両家ご両親様のお考えをきちんとお聞きする」
という事です。

いくら「結婚するのは自分達」であっても、お二人を愛して育ててきたご両親
は別格です。
「関係ない」と切り離すことが自立ではありませんよね?

どうかご両親にご相談をしてあげて下さい。
お二人の間では、すでに路線は決まっていてもいいんです。

「こうするから」という宣言ではなく、
「こうしたいんだけどどう思う?」という相談の形をとってあげて下さい。

8割の親御さんは了承して下さるはずです。

もし、
「いや、それは違うだろ。うちが貰う方なんだから相手の招待客数を
減らしてもらえ。」
そう言われたら、そこから話し合って行きましょう。

とんでもない頑固親父(お袋)がいるかもしれません。
でも自分の親です。

取りあえず、投げ出さずに説得してみましょう。
面倒な交渉事は人生にはつきものです。

逃げずにお二人で解決する努力をしてくださいね。
それこそが
「結婚」するということかもしれません。

今回のお二人は、結果的には、
「まぁ、多分大丈夫だと思う。今日話してみる。」
とおっしゃっていました。

今度の日曜日にブライダルフェアをご見学なさる予定です。
素敵な会場様がきっと見つかりますよ♪

ブライダル図書館が総力を挙げてサポートさせて頂きます‼

6月も、「川中島店10周年記念特別プラン」継続中。
ぜひご相談にいらして下さい。
お待ちしてます。

ブライダル図書館長野川中島店
☎ 026-286-1636
営業時間 10:00~18:30

長野駅前店
☎ 026-217-1085
営業時間 川中島店に同じ



  • ドレス
  • カラードレス
  • 和装
  • メンズ衣裳
  • 華裳で衣裳選び
  • フォトウェディング

  • 会場一覧

wedding-blog

営業日カレンダー

リンク


  • 株式会社 華裳

    Facebookページも宣伝